知らないとヤバいフロウが気持ちいいラッパー

フロウが気持ちいいラッパーを紹介する

「YouTubeでなんだか音楽性の高そうなラッパーを見た、他にもそういうラッパーがいたら知りたい」という人のために、この記事ではラップの要素のひとつであるフロウが優れているラッパーを紹介する。フロウが優れているとフロウだけでどのラッパーか分かるほど重要な要素だ。順不同で紹介していく。

句潤

まずは神奈川から句潤を紹介。句潤の特徴は自由なフロウだ。特に句潤に関しては、彼のラップスタイル、何のためにラップするのかがフロウに現れてると言える。手の間をすり抜けていきそうな掴みどころの無いフロウは癖になる。

PONEY

安定したフロウの良さを楽しむならPONEYだ。PONEYも活動期間は長めであるが、ずっと安定したメロを提供してくれている。さらにPONEYはかなり対話型なので中身もじっくり聞くに値する。

MAKA

レゲエ調のフロウ。MAKAはずっとレゲエを貫いている。戦極MCバトルに出ていたころからMAKAがフロウすれば会場が湧いた。レゲエそのものに付いて明るくないので詳しく語れないが、ヒップホップ界隈で際立つレゲエフロウ巧者である。

藤KooS

藤KooSをフロウだけに分類するかは迷いどころだがリズムキープ力が高い上に、比較的新しいフロウを取り込んでくるところが藤KooSのすごいところだ。ボースティングも強い。

CHICO CARLITO

琉球からチコカリート。そもそも沖縄出身ラッパーたちは、本州のラッパーたちとは持っている音楽性に明確な差があるような気がしているが、フリースタイルダンジョンを経て有名になったCHICO CARLITOを紹介する。

鎮座ドープネス

大レジェンドの鎮座ドープネス。日本人離れしたフロウはそう簡単に真似できるものではない。鎮座ドープネスもいまや古参の一員であるが、古い動画はどれもどれも素晴らしいので見ておくべき。しかも鎮座ドープネスはバトルそのものが強い点にも注目してほしい。

黄猿

黄猿のフロウは黄猿しかやらない。へべれけラップ。たまに聞き取りににくいところもあるが、なぜだか気持ちのいいラップをしてくれる。最近でもバトルに参戦しているので現場でバトルも見れるだろう。

mu-ton / ムートン

言わずとしれたムートン。知らない人はいないと思うし、音楽性がずば抜けてる。あと声がエロい。ムートンも使ってる語彙に馴染みがあるかムートンのラップを聞き慣れていないと聞き取るのは難しい部分がある。しかしそれでもムートンのかっこよさが際立つのは、聞かせるべき着地の韻ははっきりと聞き取れて、一気に霧が晴れたようなスッキリ感も一役買っているだろう。

ID

グルーヴがすごい。ラップがうまいだけでなく、音楽としてかっこよくて彼もまた音楽家の一人と言って過言ではない。英語なので聞き取れませんってときは自分の負けを認める。バトルをすれば楽曲ができる勢い。

おわりに

思いつくがままにフロウがイケてるラッパーと簡単な紹介をした。この記事はこれまでに見たラッパーの一覧を作る目的も兼ねているので今後も随時更新していく。おすすめのフロウ巧者がいたら教えてほしい。

タイトルとURLをコピーしました